世界を放浪したい30女のワーホリ日記

世界を放浪したい30女のワーホリ日記

30女子が2017.6からCANADAでワーホリ。

coffee holic①

こんにちは。

眠すぎて20時に寝落ち、翌朝の10時に起きましたw

どれだけ寝るの・・・

寝過ぎて少し頭がくらくらします

 

 

 

 

さて、わたしはアイルランドワーホリ終了後

”まだ海外で生活をしたい!!!!”

と強く望んでいました。

そして、職探しをして気づいたのが何かしらのスキルや

経験が求められているということ。

日本ではアルバイト探す時にそこまで経験って求められませんよね?

 

 

 

実際わたしはずっと飲食業しかやったこと無くて

大学で情報処理やウェブデザインを学んだのですが

今ではもうチンプンカンプン。

 

 

 

もしまた海外で生活する、となったときに

職探しにまた苦労したくない!!!

 何か技術を身につけよう

 

そしてわたしが一番に頭に浮かんだのが

バリスタでした

 

f:id:unicorn86:20161208115924j:plain

 

 

 

 

バリスタ(伊: barista)は、バールのカウンターに立ち、客からの注文を受けてエスプレッソをはじめとするコーヒーを淹れる職業、およびその職業についている人物をいう。 イタリアのバールには喫茶店やカフェとしての特徴がある。

wikipediaより

 

 

うちの両親がコーヒーが好きで

実家にコーヒーマシンがあったし

わたし自身もコーヒー文化に興味があったからです。

もちろんコーヒー大好き♥︎

 

 

 

日本に戻ってきてから、お金を貯めるために以前働いていたお店で

また働かせてもらいながら

コーヒー/カフェの学校に行くべきか?悩みました。

でも、お金を払って技術を学ぶより実際に働いて得る方が自分にとって力になるんじゃないかと考え飲食の求人サイトでバリスタを探しながら

個人店で働けたら良いなぁと思ってました。

その方がバリスタの仕事ぶりが見れるし身近で学べることも

もっと多いはずという考えがあったから。

 

 

 

しばらく求人とにらめっこを続けながら探していると

イタリアンカフェを見つけました。

わたしの中でバリスタ=イタリア文化だったので

直感的にここがいいな!と思いました。

しかも場所も外国人の多いエリア。

ここだったら海外のカフェで働いてる疑似体験が出来るぞー

と意気込んで応募のボタンをクリックしました。

 

 

 

 

 

続く