世界を放浪したい30女のワーホリ日記

世界を放浪したい30女のワーホリ日記

30女子が2017.6からCANADAでワーホリ。

オタワ旅行の悲しみ

 

 

三連休をゲットしたので一泊二日でオタワに行って来ました。

事前に行きたいカフェや観光地も調べ久しぶりの旅行にうきうきわくわくなわたしでした。

 

 

 

そう、オタワに着くまでは。

 

 

 

Greyhoundで寝たり起きたりを繰り返しながら6時間半のバス旅でトロントからオタワに到着。

 

バスターミナルの近くのカフェに目星を付けていたので行ってみることに!

カプチーノを頼んだのですが、なかなか出てこない。なんだか、エスプレッソマシーンの近くでミルクスチーマー(ミルクを温める筒)をなんだかいじっています。

なんだか嫌な予感。すると、店員さんがやってて来て、

 

「ごめんね、スチーマーの様子がおかしくって今見てるんだけど治るのにどれくらいかかるか分からないの。カプチーノは返金するから代わりにドリップでも飲まない?」

 

と言われました。

でも、なんとなくカプチーノが飲みたかったので返金してもらいまた来ますと言って、他に目星をつけてたカフェへ。

カプチーノはわたしの好みの味では無かったですがお店の雰囲気はとても良く、軽食など充実してたのでランチにはちょうどいい感じのお店でした。

 

 

その後Bywardマーケットなど周り、酸辣湯麺とデニッシュ食べてホステルへチェックインイン。

夜はオタワのクラフトビールが飲みたーいと思ったのですが1人じゃ入りずらいのと近場で良さそうなバーが無かったのでスコテッシュパブで行くことに。

外側から見た所、席も空いてたしカウンターもあったのでパブに入って「1人です」と言うとサーバーのお兄さんが

「ごめんね、今日はトリビアナイト(イベント)でfull なんだ。」

と言いました。

 

 

明らかに席空いてますけど??

むしろ半分しかお客さんいない 

 

 

もしかしたら予約があって埋まるのかもしれないしほんとにfullになるのかもしれないけどその時点で席はたくさんあったのに、大した説明も無しに断られた感じだったので気分が良くなかったです。

 

 

実はその前にもホームレスのおっさんにお金をたかられた上、中国語ぽい言葉でからかわれたのでビールでも飲んで気分を立ち直そうとした所でした。

 

 

 

その時点で8時にもなってなかったのでこのままホテルに帰るのもなーと思って適当に人が多そうなお店に入って夕飯食べることに。

178Rideau streetのワンタンスープのお店(グーグルマップには載ってない)に入って野菜のワンタンスープを頼んだんですがこれがめちゃめちゃおいしかったんです!!!

もちもちの皮とぷりぷりの具材にスープのパクチーが効いてて感動しました。

 

 f:id:unicorn86:20180301041239j:image

 

美味しいものを食べて気分も良くなりました。単純なわたしです。

 

 

ホテルに帰り、シャワーと明日行く場所の再確認をしてその日は寝ました。

 

 

2日目!

オタワはPrestoが使えるのでチャージをしようと思って調べてみましたがいまいちよくわからない。

バスが主流のようなのでバス停に行ってみたのですが券売機やチャージする機械も見つからずバスの運転手さんに聞いてみました。

すると、「電話でチャージ出来るよ」と言われました。

が!電話番号を持ってないわたし。

なので街のinfoで聞いてみることに。

 

そこでは、

「onlineか、もしくはRideau centreにあるOCカウンターでチャージ出来るよ」

と言われました。

来た道を引き返し、いざ行ってみると長蛇の列!!軽く40人は並んでる。。

さすがにどれくらいかかるか分からないのでカードチャージは諦めて現金で乗ることに。

 

 

バスで20分のところにあるコーヒーショップへ。

インスタやグーグルで見たらすごく雰囲気のいいカフェで豆もトロントから仕入れてる所でした。そこでフラットホワイトを頼んでバリスタの人が目の前で注いでくれたんですが、温めたミルクをそのままジャーっとエスプレッソに注ぐだけ。

 

びっくりしました。

全くファームのないフラットホワイト。元々フラットホワイトはフォームが少ないものだけど…

他にも5.6店舗のコーヒーショップに行きましたが

(どれもottawa best coffeeランキングに入ってる)おいしい!と思えたのは1つだけでした。

 

 

街並みはすごく綺麗ですが、嫌な思いをすることも多々あって残念な旅行になりました。

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村